板山ふれあいセンター

1月&2月 活動報告

令和2年、最初の行事は「鏡開きコンサート」です。
今年のコンサートは「おひさまハーモニー ママブラス」のサックスアンサンブルのみなさんにお越しいただきました。とても素敵な演奏をしていただきました。
乳幼児からおじいちゃん・おばあちゃんまでの来館があることを事前にお伝えしたところ、誰もが知っている曲をたくさん演奏してくれました。
小道具まで飛び出す素敵なコンサートでした!

ママブラスの素敵なコンサートの後は「鏡開き」を行いました。
大鍋で作ったぜんざいを来館者のみなさんと食べました。
今年もお代わりする方が続出しました!
2月の小学生行事の「ドラちゃんポケット」ではチョコレート作りを行いました。
人気のあるクッキングなので、満員御礼!
男の子も女の子も一緒に楽しく作りました。
人形劇団グレープさんによる人形劇公演を2日間行いました。
両日ともお隣の板山こども園の園児さんをお招きしたので、会場はいっぱいでしたが、楽しい人形劇に大人も子どもも集中して見入っていました!
日頃、ふれあいセンターの行事でお世話になっているみなさんをお招きしてお茶会を行いました。
この日を迎える前にこどもスタッフが練習を積み、本番を迎えました。練習では味わえなかった緊張感が写真から伝わってきます。
お茶会の後はおたのしみ会です。
子育て支援よもぎっこが手作りした紙芝居を見ていただきました。
今年は初の試みで効果音付き「こぶとりじいさん」!みなさんに楽しんで頂けました。
紙芝居で効果音を担当して頂いた方は三味線奏者の角掛桂子さんです。
津軽三味線を聴く機会が滅多にないので、音の響き方に驚いているこどもスタッフがいました。アンコールにも対応して頂き、皆さんが口ずさむ曲もあり、大盛況でした。
前のページへ戻る