特定非営利活動法人メセナSUN−CLUB学びの森
                               

五感で楽しむ里山の12ヶ月: 里山探検

9月18日(日)になみ滝藤原園で自然体験学習会を行いました。
秋の山野草の観察をした後、並滝寺池でブルーギルとブラックバスを釣りました。午後からは、5月に植えた鳴門金時を掘りました。
野外料理では、パエリヤ風炊き込みご飯、ジャガイモと玉ねぎのトルティージャ、スペイン風簡単ケーキを作りました。

ゲンノショウコ、ヤマハギ、ミツバアケビの実、サワヒヨドリ、ツルリンドウ、ナンバンギセル、ヒガンバナ、ヒヨドリバナ、ミヤマママコナの観察をし、花の特徴、名前の由来などを学びました。
メセナSUN-CLUB学びの森のホームページで、観察した山野草を紹介しています。http://www.mecenat-sc.jp/

『里山たんけん隊員』が開墾した野菜畑でナスを収穫し、トルティージャに入れました。
ブラックバス、ブルーギル釣りのえさにするミミズを調達。
芋ほりは10月にする予定でしたが、鳴門金時がとてもよく育っていたので急きょ芋ほりをすることになりました。
芋畑を掘っていくと、とっても大きな鳴門金時が出てきて、みんな大はしゃぎでした。

みんなが釣ったブラックバスとブルーギルをから揚げにして食べました。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト