東広島市西条地区公衆衛生推進協議会
                               

「花いっぱいのまちなみウオーク」

開催月日:令和元年9月13日(金)
     (写真は、終了後の集合写真)
目的:西条小学校3年生と一緒に「西条のまちなみ」を歩き、歴史を知ることにより街を愛する心の芽生えの動機づけと参加者と子供たちとの「つながり」をふかめること。
参加者:319人(小学校3年生179人、教職員9人、社協職員2人、地域住民93人、PTA36人)

「花いっぱいのまちなみ」づくり
各戸への「花植えプランター」配布作業
    「花植え研修」
園芸の先生による花苗移植研修
西条小学校での先生、PTA、西条地区社協、地区公衛協による「ウオーク」打ち合わせ。
「花いっぱいウオーク」開会式
3年生到着順にA・Bコース先頭誘導員と後方安全指導員との間に整列。
「花いっぱいウオーク」出発
A1班・A15班・B1班・B15班から5分間隔で出発。
    「歴史ポイント」
「西条農学校あと」での説明・
   「歴史ポイント」
「歯なおし地蔵と亥の子石」
歯痛や虫歯のときにお参りしていたといわれている。下には、「亥の子石」が置かれている。
「   歴史ポイント」
「朝日座跡」と「くぐり門」
「朝日座」という大きな劇場がありました。
歴史ポイントに向かって街中を元気に「ウオーク」。
 旗を持つ先頭誘導員と後方安全指導員。
   「歴史ポイント」
「牛馬市跡」現在は、「白牡丹酒造」となっている。
「歴史ポイント」や「ウオーク」する路地・小路に置かれている「花プランター」。
街中を、元気に「ウオーク」
    「コース地図」
3年生が持参し「歴史ポイント」で説明を聞き、「コース地図」にシールを貼る。
「がんばり賞」をクラス代表に贈る。
 3年生全員、よくがんばりました。
「花いっぱいウオーク」閉会式
参加者全員の協力で、令和元年の「花いっぱいのまちなみウオーク」事故なく行うことができました。ありがとうございました。
参加者全員による拍手での見送り。「ありがとう。」
「花いっぱいのまちなみウオーク」実行委員反省会。
事故なく、参加者全員の協力に感謝。令和元年度の反省点。次年度に改善。(班内の交流、熱中症予防等)

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト