東広島デジタル写真研究会
                               

「錦秋の岩国・柳井」撮影会参加

当会が所属している中国新聞写真クラブが主催する撮影会が春と秋の年2回、県内各地で開催されます、
今回の撮影地は「岩国・柳井」が選ばれたので当グループは有志10人で岩国の北部錦川渓流線で錦町駅まで行き錦町駅から「とことんトレイン」に乗って雙津峡温泉駅迄行きました。
「とことんトレイン」は元は鉄道であったところをレールを取り外しコンクリートに改装された道をトロッコ列車に似た窓のない車両を電気駆動の機関車のような車両でけん引する今までに見たことのない乗り物でした。
途中トンネルがいくつかあったがその中の一つのトンネル内に蛍光塗料で絵画アートが書かれています。
列車は絵画アートの書かれている場所で数分間停車するのでその間下車しアートを写真に収めました。
昼食後錦町周辺で古い街並みや小学校にあった銀杏などを撮影しながら散策しました。

撮影者交代
とことこトレイン
トンネル内のアート
錦川清流線の電車
錦川清流線の電車
これに乗車
メンバー1
メンバー2
電車の中から
岩国駅からのコンビナート

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト