河内生涯学習支援センター
                               

こうち再発見「ぶらぶら河内」第7回目を開催しました

 9月5日(火)第7回目の「ぶらぶら河内」を開催致しました。途中小雨が降りだすなどあいにくの空模様でしたが、総勢32名で頑張ってぶらぶら致しました。
 戸野地域センターに集合し、主催者あいさつ、簡単な準備運動を行って出発しました。(説明を伺った場所等を簡単にご紹介します) 
 

 戸野地域センターから少し進むと「笠城址」お看板がありました。
 この坂を上ると「笠城址」があるようです。
 「慰霊碑」です。
 「忠魂碑」です。宇山の城山の石を使用しているそうです。
 この上に「国広古墳遺跡」があるそうです。
 「戸野市橋」です。
 平成20年にはここ(沼田川)でカヌー競技が行われたこともあったそうです。
 また、今年で16回目を迎えた「戸野親子ふれあい川遊び」には総勢約200名の方が集われたそうです。
 「菅生神社址」の看板がありました。
 「菅生神社址」は、この先にあるようです。
 沼田川の川沿いを進みます。
 ここから見える山の中腹あたりにあった湧水が目の病によく効くと評判だったそうです。
 その湧水が「薬になる水」ということで伝わっているそうです。
 きれいな橙色の花「キツネノカミソリ」というそうです。
 かわいい白い花を見つけました。
 子どものころ「山ブドウ」と思い込んでおりましたが、「洋種ヤマゴボウ」というそうです。
 何かが中にあったと思うのですが・・・。
 「大宮神社」に到着しました。
 宮司さんからお話を伺いました。
 りっぱな彫り物がありました。
 龍?象?何でしょう?
 神社によって、色々な彫り物があるのでおもしろいです。
 ここ「大宮神社」には3対の狛犬がありました。
この狛犬は下の丸いものは鈴のようです。
 この狛犬の台座は花の模様がありました。
 昔々は鳥居が三方にあったそうです。
 ここには巨樹が3本あります。
そのうちの2本が(2007年の調査において)市内1位のシラカシです。この写真はそのうちの1本のシラカシです。
 穏やかな沼田川も様々な様相を見せてくれます。
 「鷹城址登山道」の立札を見つけました。
 「大宮神社」近くから見た「鷹城址」別名「下鷹城址」がある所が見えます。
この「鷹城址」の沼田川対岸に「常友城址」があるそうです。
 途中、美味しそうなブルーベリーやイチジクを横目に歩みを進めると、「品立寺」に着きました。
 ご配慮で本堂の中も見せて頂きました。
 鐘つき堂がありました。
 「品立寺」から見た「鷹城址」が見えました。
 「薬になる水」の看板を発見!
 この奥の方にあるとのことです。
 「お地蔵様のお告げ」の看板を発見!
 「お地蔵様のお告げ」というお話が伝わっているそうです。
 途中雨も降ったり、歩きにくいところもあったりしましたが、どうにかゴールすることができました。
 見学場所の清掃や通路の清掃等ご尽力いただきました方々へ感謝申し上げます。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト