河内生涯学習支援センター
                               

こうち再発見「ぶらぶら河内」第6回目を開催しました

 8月26日(土)第6回目の「ぶらぶら河内」を開催致しました。蒸し暑さが厳しい日ではありましたが、総勢25名で頑張ってぶらぶら致しました。
 小田地域センターに集合し、主催者あいさつ、簡単な準備運動を行って出発しました。(説明を伺った場所等を簡単にご紹介します) 
 

 小田地域センター敷地内にあります、廃真光寺「宝篋印塔(ほうきょういんとう)」です。
 「城主の位牌」も見せて頂きました。
 小田の未来創生図「ビジョンマップ」です。
未来に向けて「77項目の地域ビジョン」の実現のため、1つ1つ新たな課題解決に取り組んでおられるそうです。
 いざ、「小田城址」へ向かって歩きます。
 素敵な風景です。
 なかなかの坂道を上って「小田城址」へ到着しました。
 地域の方が草刈りをしてくださっておりました。ありがとうございました。
 「展望櫓」へ上がってみました。展望櫓からの眺望です。
 小田城の「井戸址」
 「二の丸」址
「三の丸」址
 
 講師の方が丁寧に説明してくださいました。
 大きなキノコを発見!「オオシロカラカサタケ」ではないかと思われます。毒キノコのようです。
 「小田城址」から小田地域センターまで戻り、そこから車で小田の「多目的グラウンド」の駐車場まで移動しました。ここからは再び歩きます。
 川沿いを歩いていたら紅白の鯉を見つけました。
 「ワレモコウ」を見つけました。
 「キキョウ」を見つけました。
 秋を感じる草花が増えてきたように思います。
 「廃浄楽寺瑠璃殿」に到着しました。
 竹林寺の末寺として建立されたと伝えられているそうです。
 現在は瑠璃殿を残すのみです。
 特別に中も見せて頂きました。
 「みんみんゼミ(みんなで民話を語るゼミナール)」の方が「紙芝居をしてくださいました。
 「浄楽寺の霊泉」という民話の紙芝居をしてくださいました。
 みなさん熱心に聞き入っておられました。
 もう一つの紙芝居は「小右衛門の力石」というお話でした。
本日最後に見学に参ります。
 小田地区以外にも河内町にはたくさんの民話等があります。
 ここでも「キノコ」発見!
 次の目的地へ。途中見事なアジサイを発見!
 しばらく歩いて最後の目的地
「小右衛門の力石」に到着しました。
 開始時間前小雨が降っておりドキドキしましたが、「ぶらぶら」中は降らなかったので安堵しました。
 気候的にはだんだんと歩きやすい時期になってきたように思います。次回、小田の「ぶらぶら」は10月27日に開催します。お楽しみに。
 このたびご協力いただきました小田地区の方々に感謝申し上げます。
 
 
 
 
 
 

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト