河内生涯学習支援センター
                               

こうち再発見「ぶらぶら河内」第5回目を開催しました

 7月21日(金)第5回目の「ぶらぶら河内」を開催致しました。暑さが厳しい日ではありましたが、総勢31名で頑張ってぶらぶら致しました。
 入野地域センターに集合し、主催者あいさつ、簡単な準備運動を行って出発しました。(説明を伺った場所等を簡単にご紹介します) 
 

 入野地域センターから車で数分移動し、「元兼」という地域へ来ました。
 地域の方々の努力等で美しく生長した「ムカデ芝」を見せていただき、地元の方から、丁寧な説明もしていただきました。
 道の両側「ムカデ芝」の美しい緑色が広がっていました。
 「ムカデ芝」の赤ちゃんだそうです。
 「蝉のぬけがら」がたくさんついている木を発見!最近はなかなか見る機会がない気がします。
 「タバコの乾燥倉」です。かつては、この辺りでタバコを育てておられたようです。
 乾燥倉のすぐそばに立派な大きな木がありました。
 いよいよ「ダム」へ向かうのですが、暑かったので、参加者の方々に車で行くか歩いていくか選択いただきました。
 みなさん、歩かれるとのことで、給水して、いざ「ダム」へと歩みを進めます。
 「千丈ヶ原ダム」に到着です。
 入野にダムがあったのも、山の中にあることも知らなかったので、感激しました。
 素敵な景観でした。
 「ダム」に生えてた「ハゲシバリ」の木。黒い実をつけてました。
 素敵な風景がたくさんありました。
 「堂面神社」です。
 「堂面神社」から見えるところに、懐かしい「井戸」が見えました。
 さらに進むと「フライトロード」がきれいに見えるところがありました。
 棚田です。稲の緑が風に揺れて素敵でした。
 参加者全員で記念撮影。
 道の両側に木が植えられていて、とても素敵な景色でした。
 栗木です。毬栗がたくさんついてました。
 ヤマモモの木もありました。
美味しそうでした。
 トンネルのようなものが2つ並んでいて、(鼻の孔のように見えて)珍しくないですか?
 暑い日でしたが、みなさん無事にゴールすることができました。
 次回、入野の「ぶらぶら河内」は来年の2月にありますので、お楽しみに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト