河内地域センター
                           

科学工作 虫眼鏡カメラを作ろう

 6月15日(木) 科学工作
 虫眼鏡カメラを作ろう
 
 参加児童17人

 作って見てみる、景色がどう写って見えるか?遊びながら学べたら楽しい時間

 カメラ本体は、牛乳パックと画用紙で筒状に。事前準備。
 内側になる筒にトレーシングペーパーを貼り付け。
 外側の筒のふたは、穴を開ける。その穴を中心に虫眼鏡を固定し、内側の筒を差込出来上がり
 実際見てみよう。
 児童からの質問
「この虫眼鏡不良品です。逆さに見えてます。」
 それが正解。小さい穴のレンズに映し出された画像が、フィルムに映し出され逆さになる。
 景色がはっきり見える位置に出し入れしてみよう。
 おもしろいのか、筒を出し入れして景色を調節しながら覗き込んでました
 写真を撮って熱で現像してみたら子供たちも喜ぶでしょうが時間がないので是まで。
 虫眼鏡での注意事項はしっかり伝えました。家でも研究してみてほしい

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト