東広島の野鳥と自然に親しむ会
                             

4/9(日) 第434回例会 「懇親会と春の自然散策」

日 時;平成29年4月9日(日)
場 所;三永グリーンスポーツセンター
参加者;30名

定刻を少し回ったが平穏に総会も終了。後片付けを行い懇親会の会場GSCの方へ移動する。今日の天気は予報では少しやきもきしましたが、いい塩梅にこの空模様では雨の心配はないようだ、少々肌寒いようだがそのおかげで桜は満開を保ってくれた、これなら充分花見が楽しめそうだ。

 
   

桜咲く花のもと、それぞれ花見弁当を広げ談笑にふけっている。程好く満たされた満足感に安堵し、順番に自己紹介と今年に期待する思いを述べる。あア〜ここは花見よりは鳥見の件だ・・・・・。
少々遅くなったが担当会員の案内で散策に出発する。毎年ここでの楽しみに、オオルリの初鳴きが聞けたり、運が良ければ初認にも出会うことができる。さて今年はどうだろうか?F内には担当会員の活動で樹木などに説明文が掛けられている。来場者はこの説明文を読みながら植物などに親しむことでしょう。

シジュウカラ
登山道入り口から自然度の高い森出発が遅くなったことや、少々肌寒くなったことで頂上を目指すことは断念して仁賀方面の林道を散策することにしたようです。会員からはヒサカキ(ツバキ科)が花の雄花・雌花を見分けることで雌雄異株であることに気がつきます。

ルリタテハ
林道の行き止まり付近でセンダイムシクイの今年初鳴きが聞こえる。2針葉のテーダ松を見つける。花冷えも強くなったので散策も終わりとして下山、残って居られた方達で集合写真。
オオルリの初見は次回に期待ということで、皆様お疲れ様でした。又、担当会員には会場の準備や案内にありがとうございました。

タムシバ

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト