東広島の野鳥と自然に親しむ会
                             

3/14(日) 増羽めざしブッポウソウ巣箱づくり

ブッポウソウの巣箱づくりが3月14日、豊栄の創作館で行われた。3年目の今年は、昨年より多い2名多い14人が参加、和気あいあいと作業を進め、昨年同様16個の巣箱を作り上げた。

 
   

午前9時集合。地元の会員がはやくから資材や工具を館内に運び入れ、ほかの参加者もそれぞれMyノコギリや金槌を持参した。今年は、2名の会員が杉板切りの大型工具を持ち込んだ。工作は3年目ながら手順は忘れかけている。近くから巣箱を取り寄せ、それをモデルに2人1組で作業に取り掛かった。
館内には、ドリル、金槌の音が威勢よく響き、昼を挟んで2時半までに16個を作り上げた。今年は、豊栄、志和、黒瀬に加え、西条にも取り付ける予定で、会員が設置場所周辺の人と話し合いを進めている。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト