河内地域センター
                             

放課後子ども教室 1月19日

 物づくり「カタカタきつつき」を作りました
 講師:坪見 博文 様

 参加児童10名

 
   

きつつきの絵を切り取る
 各自先生について、角材の中央に棒を固定する穴を開けます。
 棒に薄い紙を巻いて、その上から針金を6〜8回巻いて、コイルをつくる。終ったら、紙を抜く。
 コイルの調整:指ではじいてカタカタと振動しながら降りていけば成功。1枚の紙を巻くことでコイルと棒の間に余裕が出来コイルが降りてくる。
 全員上手に出来ました

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト