板城小学校区住民自治協議会
                             

自主防災組織について

1月21日(土)板城地域センターにて「自主防災組織の必要性について」の講演がありました。自治協の自治・広報部会と防犯・防災部会のメンバーと各部会の部会長が聴講しました。

講師は広島県自主防災アドバイザー 防災コミュニティ広島代表の柳迫長三様

災害が実際に起きた時まずは自分が元気で動けることが第1。行政の支援はすぐには届かないこともある中、隣近所の普段からの交流が大切だということ。自主防災組織を作るだけでなく避難訓練、避難所での生活訓練なども必要だということがわかった。

ハザードマップを制作し配布している板城小学校区住民自治協議会の今後の課題として身のある講演でした。

防災コミュニティ広島 代表の柳迫長三様
1
  各部会長と自治会長が参加
  防犯・防災部会員も参加
自分が負傷しては他人を助けることはできない。まずは自助!

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト