中組平成会
                             

清滝周辺の環境整美(備) 中組平成会 2016.2.21

今回の作業は今までの集大成、清滝見晴台までの山道の整備です。
前日は雨で見晴台の手前では山道に水が溢れて流れていました。
作業内容は順番に見ていただくとして、この写真は4時間の作業後、お弁当を食べた後の集合写真です。
皆さん、怪我もなくお疲れさまでした。

 
   

雨が降るとぬかるむ、見晴台手前の山道に置く、枕木です。事前に手配して搬入しておきました。
山道に敷詰める砕石です。これも事前に搬入済みです。
いよいよ作業開始。先ずはダンプよりミニショベルを下ろします。
今回整備のメイン、見晴台手前のぬかるみです。
前日の雨で、水が激しく流れていて、とても歩ける状態では有りません。
ミニショベルと人力により、150mの山道を1本100kg超の枕木を運びます。
目的の場所に枕木を降ろします。
枕木を隙間なく引き詰めます。
今回一番の目的終了です。左上の作業前と比べてください。
見晴台への砕石の運搬です。
これは人力、一輪車で150mの登り坂を運びます。(きつい〜)
息を切らしながら、運んだ砕石を敷詰めます。
見晴台のぬかるみも、ずいぶん良くなりました。
山道口への砕石敷詰めです。
プレートコンパレータが威力を発揮します。
河原への車両侵入防止の杭も設置しました。
杭の設置完了。
山道口への砕石敷詰めもきれいに仕上がりました。
千度のかけはずし、由来の説明板を作りました。ぜひお読みください。
案内矢印板の横に設置です。
ここが千度のかけはずしです。
入口から河原が見難く、暗いイメージが合ったので、枝木や灌木を伐採し、明るい河原とします。
地主さんの了解(依頼)で景観を損ねる木を伐採します。
伐採した木を皆で協力して運びます。
長い木は適当な長さに裁断。
ここでも文明の利器、チェーンソーが活躍します。
入口より河原もスッキリ見通せるようになりました。本日の整備、完了です。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト