高屋東地域センター
                             

寒仕込み味噌を作ろう

 2月15日16日17日に「寒仕込み味噌づくり」を行いました。
 今回は,参加希望者が多い為,2回に分けて実施しました。講師の麻生さんと宗近さんの親切丁寧な指導で,参加者ひとりひとりが約7kgの味噌を作ることができました。
 材料の大豆や米麹の米は地元のさだしげ産を使いました。参加者皆さんは9月頃から食べる味噌を楽しみにされていました。

 2コースの参加者による,40kg以上ある大豆の選別を行いました。その後,水に浸して準備終了。

 調理室のガスコンロを全部使って大豆が柔らかくなるまで煮込みました。
 調理室だけでは足りないので,テラスにガスコンロを設置して煮込みました。
 柔らかくなった大豆をミンチ状に特大ミキサーを使って作りました。機会の中心に押し込む作業は大変で,次の日に腕が痛くなるのではと心配でした。
 出来上がったミンチ状の大豆と米麹と塩をしっかり混ぜていきました。愛情をしっかり込めて混ぜていきました。
 樽に詰める前,空気抜きの味噌団子を作りました。この後,一人分の量を測定して,各自樽に詰めていきました。9月頃の開封を楽しみに詰めていきました。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト