みんなで民話を語るゼミナール(略称 みんみんゼミ)
                             

マイエリアストーリー NO.1  4の組 「浄楽寺の霊泉」上演

「みんみんゼミ」の今年の目標の一つは、「自宅の近くに由来する民話・史跡は、その周辺の方々で語り、育み、伝え続けて頂こう」というものです。
これを、「マイエリアストーリー」と銘打ち、その第一弾として、4月5日(日)4の組の皆さんが毎年「浄楽寺 瑠璃殿」で行われている小祭りに実践して頂きました。
4の組の方々が、拍子木を叩き、セリフもト書きも全て語り、話しに合わせて絵を繰って、の上演です。
聞かれている方々も、「あっ、この声は○○さんだ!」と親近感も一段と湧いて、ワイワイと賑やかな中にもアットホームな一時を過ごせました。

 
   

上演までの、経過や工夫などについても、皆さんにお伝えすることができました。
紙芝居の後には、語りによる「矢ヶ垰」を語らせて頂きました。
当日は、カモンケーブルによる取材もあり、いつもの祭りとはまた違った雰囲気の中で、多くの方々が鑑賞してくださいました。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト