Earth Dreamers
                               

アースバッグハウスワークキャンプ 第一巻:基礎作り

2015年4月1日:アースバッグハウスワークキャンプ@上ノ原牧場カドーレが始まりました。雨の日を除くほぼ毎日行ってきました。6月になって、地域の人が100人以上関わり、見に来てくれた方も多数です。このページは、アースバッグハウスワークキャンプの第一巻:基礎作りについて報告します!

最初は雨の日が多くて、進みにくかったです。しかし、ボランティアのチームがあきらめず無事に基礎を7日間で、木造休憩場の基礎とアースバッグハウスの基礎を作りました!

休憩場の基礎作りに、みんなは熱心に取り組んでいます。早く休憩したいですね。
アースバッグハウスの方は、直径4mの円を地面に書きます。
穴を掘ります。カドーレのユンボを借りることができて、大変助かりました!
結局、最初の7日間で休憩場が終わりませんでした。
穴を掘ってからレベルを水平にすることが必要です。
平にした様子。
真面目に楽しく、みんなで作業している様子。
大目にばらすの入った基礎の最初のアースバッグの設置様子。
アースバッグを置いてからタンピングを行います。とても固くなります。
タンピングをしてから、有私鉄線をS型に付きます。有刺鉄線はアースバッグをつなぐモルタールと言えます。作業中はおしりに気を付けましょう。
有刺鉄線を付けている様子。
第二段目のアースバッグ。力持ちになる子供たちの様子。
第二段目の時のスタッフです。
三段目の設置終了!
周りは、バラスと真砂土で満たします。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト