河内地域センター
                             

9月26日 万年青大学学修会 講演会

 今年度河内町が東広島の「高齢者交通安全モデル地区」に指定されました。

 近年高齢者事故が多発しており、今一度高齢者の方々に「交通事故防止について」学んでもらいました。

 東広島警察署交通課長
  平井 満 様
 東広島市交通指導員
  松本 憲二 様
 交通指導委員
    古屋敷 徑子 様他
 寸劇で事故防止をアピール
 講演後に、心地よい大正琴の演奏を聴き、懐かしい歌を一緒に歌いました。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト