河内地域センター
                             

7月25日(金) 万年青大学学修会 講演

 7月の万年青大学学修会 講演会「生活の中の神社と神道」

 講師 地元の杉森神社 宮司 岡田 光統 様
  
  私たちが普段お参りしている神社。はたして、私たちは正しい参り方をしているのか?、神社とは何?注連縄は何のためにあるのか?など・・・身近な疑問をわかりやすくお話いただき、そして宮司が3年前に河内へ移住。そのいきさつなど・・・パワーポイントを使って解説。

 
   

 東京の神社本庁で22年間勤務。後に河内町の杉森神社の宮司に。誰よりも河内町を愛し、誰よりも河内町の発展に活動されています。
  
 お参りの仕方など、お話を聞けば聞くほど、私たちが行っていたものとは違うんだと、再認識いたしました。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト