ふれあいHEARTS
                             

巨大はしごくだり

10月25日大田小学校において、児童全員が「巨大はしごくだり」作りに挑戦しました。
高さは1メートル90センチで、3連となっているので、3人が競争することができます。
この写真は完成したあと、一番上に自分の駒を取り付けて、下までくだらせているところです。
途中、はしごの桟にひっかかり悪戦苦闘していましたが、何回も挑戦していました。
でも自分で作ったもので遊ぶということは、とても楽しいことだとわかったことでしょう。

 
   

設計図の書かれた厚紙を切ってパーツを作ります。折れ線に物差しをあてて書けないボールペンで筋を引き、物差しをあてたまま折り曲げると上手に折れました。ボンドを付けて箱にしたあと、少し重りとなる厚紙を付ければ出来上がりです。
柱を土台にはめて、桟を取りつけます。ひとり一人が3連の長さに切った桟を柱にボンドで接着していきました。
ボンドが乾いて6年生が柱を起こして出来上がりです。
高さ45センチの「はしごくだり」でテスト中!
「これだったらうまくくだるのになー」「僕うまくいったよ」
「わたしもやらせて」
できあがった駒も個性あふれるものがたくさん!目でも楽しめるものになりました。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト