吉川の活性化を考える会
                             

吉川農村まるごと体験ツアー夏2013

昨年に引き続き今年も体験ツアーを行った。
今年は昨年の参加者を一次で募集を行い、追加で西条にある小学校に紹介をするとすぐに1次募集も含め50名にも達した。
参加人数が予想外に多かったため討議があったが全員を受け入れることに決定。
直前で1家族都合でのキャンセルがあったが18家族総勢48名を受け入れ決行された。

受付
今回は長寿の森広場が集合場所です
代表による開会宣伝と注意事項
みんなの森へ移動
各自の車でふもとまで移動し、ふもとから徒歩で頂上まで登りました
吉川の説明
吉川の景色を一望
みんなで記念撮影
テントの設営
昨年より5張り多く設営
さっそくくつろいで
筏つくり
昼食は事前に準備
食事中
食後付近で遊び
3班に分かれて3か所の野菜畑へ移動
かぼちゃ畑
一家に一つずつお土産
ピーマンの採取
ピーマン畑
ミニトマト採取
種無しスイカを試食
長寿の森にある豊穣池
(池の水は水質検査で山から流れる付近の小川や井戸水よりきれいとの評価あり)
2そうの筏で
ドラム缶風呂を3個設営
カブトムシ捕獲の仕掛けつくり
カブトムシの森へ
公道は各自の車で移動し林道は軽トラックの荷台へ乗って移動
仕掛けを取り付け
キャンプファイヤー
点火儀式
点火
すぐに大きな炎に
各自の得意芸を
この後、列車ゲームや学生による出し物で楽しんだり花火遊びを楽しんだ後テントで就寝
翌朝
朝もやの中昨日遊んだライフジャケットが光を浴びて
けだるい朝
皆でラジオ体操
カブトムシを捕りに移動
子供も大人も軽トラックの荷台に乗っての移動が楽しかったとか
カブトムシが入っていた!
2匹ゲット
朝食
学生たちは朝から焼肉
黄な粉餅をお腹一杯
テントの後片付け
炭焼き体験
窯の蓋開け
窯の中を
隅の分配
袋に一杯炭をお土産
ふれあいの里で閉会式

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト