河戸地域センター
                           

「いつでも どこでも 認知症予防」講座について

6月24日(月)午後
看護師・川本講師を迎えて「認知症予防講座」を実施しました。
参加者はスタッフ含めて7人でしたが、質問も自由にされており、「あたまの体操」では、全員で答え合わせをしました。
参加者のやりとりが面白く笑顔で行われました。
<内容>
前回の復習も兼ねて、さらに詳しく認知症について説明をしていただき、具体的な質問に川本講師が解答されました。
「あたまの体操」では 新しい問題 計9枚に挑戦しました。
川本講師がおっしゃられるには、「あたまの体操」の問題に挑戦することが大切で、それも仲間と一緒に ワイワイ・ガヤガヤ「ああでもない こうでもない」と話しながら挑戦することが良いとのことです。決して正解ばかりを求める必要はありませんということです。


前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト