河内地域センター
                             

万年青大学史跡めぐりウォーキング 5月24日(金)

 今年で3回目になります、わが町の史跡を巡りながら約3キロの道のりを歩きました。
 
 講師に河内町郷土史研究会 近貞 勝司先生に説明していただきました。

 参加者22名で、よく晴れた天気で暑かったですが、皆さん熱心に学修しました。
 
 時代の流れで、すっかり変わり今現代に至っておりますが、河内町の歴史としてこれからも言い伝えていってほしいものです。

 
   

 立栄寺
 岩戸別神社境内 第11番石仏
 岩戸別神社で講師からのお話を聞きました。
 ここは、「王子の宮」と呼ばれる
 日本で大変珍しい「トネリコ」という木です
 現在の風景  
 河内町の街並みやスカイアーチを眺望できます。
 河内小学校の上にある「大津山 甘露寺(薬師堂)」

 昔は、別の場所にあり、災害で移転。今に至る。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト