東広島デジタル写真研究会
                               

東広島デジタル写真研究会活動2010.9.11

9月例会の内容を紹介します。
例年ならば、この時期はさわやかな風と気持ちいい気温で人も動植物も元気なんでしょうが、 今年は今日も異常気象、むしろ8月のほうがしのぎやすかったのかも、というような日に、暑さにめげず26名の会員が集まり、次のような内容の研究・報告会を開きました。

1.西条プラザで8月12日から16日に開催した出品写真の仕上げまでの工夫や苦労話を個々に発表し思わぬ技法に驚いたり感心したりでした。

この写真展には680余名の入場をいただき、さらには中国新聞東広島版に紹介もしていただいたりして盛況でした。
次年度も同じテーマ「ふるさと東広島を撮る」で行うことに決定しました。

2.8月28日「プリント技術を向上するためのセミナー」に参加して、加工ソフトのおもわぬ使い方や 印刷設定の適切な接続方法や応用できる仕上げなどの披露。

3,その他連絡事項では、20日からの広島空港「夕日と飛翔」の撮影と会員の写真展の案内など

写真は写真展と研究会の様子を記録したものです。

蝶々


写真展設営風景
撮影:広島のたかちゃん
会場風景
撮影:広島のたかちゃん
会場風景
撮影:広島のたかちゃん
会場風景
撮影:広島のたかちゃん
写真展終了後の撤収
撮影:広島のたかちゃん
9月例会風景
撮影:広島のたかちゃん
9月例会風景
撮影:広島のたかちゃん

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト