高屋西地域センター
                           

手造りを楽しむ〜おふくろの味を学ぶ〜

平成24年8月8日(水)9:30〜第4回目「夏野菜を使った地産地消の料理」を行いました。
夏野菜と言えば、「ゴーヤ」。
沖縄のイメージが強いですが、高屋西でも作られている方が結構いらっしゃいます。
ということで、地元で育った「ゴーヤ」を使って、ゴーヤづくしのメニューの実習となりました。

ゴーヤはスライスし、塩もみして、熱湯でさっと茹でてから、調理開始です。
これは、「ゴーヤの梅とところてん和え」です。ゴマも入って、見た目も涼しげで、ヘルシーです。
「ゴーヤの白和え」です。
ゴーヤの苦味が感じられず、それでいて、ゴーヤのシャキシャキ感があり、とってもおいしかったです。参加者の方にも好評でした。
「夏野菜&豚しゃぶ」の豚肉を茹でてるところです。
参加者の方のアイデアで、この茹で汁を使って、お吸い物を作りました。今まで茹で汁捨ててたのがもったいなかったくらいおいしかった(^u^)。
昨年教えていただいた「ゴーヤの佃煮」を使って「ゴーヤのまぜ寿司」を作りました。
食欲が進む、丁度良い味加減のまぜ寿司でした。
初めて食するゴーヤメニューばかりでしたが、参加者みんなで、おいしく、楽しく頂きました(^○^)

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト