竹仁地域センター
                             

竹仁地域センター「家族を守るための救命講座」開催

 いつ遭遇するかわからない事故に落ち着いて対応できるように、7月13日(金)東広島市の「生涯学習まちづくり出前講座」のプログラムから『家族を守るための救命講座』と題した講座を開催しました。東広島消防署北分署の職員の指導により、心肺蘇生法とAED(自動対外式除細動器)の使用方法を教えていただきました。
 住民自治協議会(防犯・防災部会)・各サークル・事業所等から約40名の多くの皆さんに受講していただきました。

 東広島消防署北分署の岡谷和之救急隊長から東広島市の救急車の出動状況・救急車の正しい要請の方法等の説明をしていただきました。
 受講者は、“もしかの時のために”心肺蘇生法とAEDの使用方法を熱心に習っておられました
・大変熱心に丁寧に教えていただ きありがとうございました。
・AEDは近くにあるが触ったこ とがなく心配だったが少し安心 した。
・定期的に開催していただかない と忘れてしまう。など
    (受講者の感想から)
 最後に消防隊の救急活動(気管挿管)の様子を実演していただきテキパキした行動に感動し、受講者から一斉に拍手が起こりました。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト