東広島児童合唱団
                             

ひがしひろしま音楽祭♪歌いました!東広島児童合唱団

 ひがしひろしま音楽祭2012 (6月9日〜10日 東広島市中央生涯学習センター)に出演しました。
 10日の13:40〜14:00に、大ホールで演奏し、たくさんのお客様に聴いていただくことができました。この写真は、最後の決めポーズです!
 演奏後は、他の団体の演奏を聴いたりして、楽しい時間を過ごしました。
 ご来場くださいました皆さま、音楽祭の準備等お世話になりました皆さま、本当にありがとうございました。

最初は、宮城県民謡の「大漁歌い込み」です。大漁旗を大きく振って、力強く歌いました。
東北地方の復興への願いも込めて…。
次の歌は、〈NHKみんなの歌〉より、「これってホメことば?」です。歌詞には、若者だけに通じる言葉が色々でてきます。
“その服めっちゃやばいっすね”と、若者に言われ、???のオジサン。[やばい]は[かっこいい]の意味だと知って、オジサンは“ぼくってそんなにやばいっすか〜”と喜んで歌います。この写真は、まさにその場面を演じているところです!
お客様にもウケました。ヤッター!


3曲目は、「宇宙に愛を」という曲です。ヒロシマの子どもたちの平和な明日と、世界の未来が希望に輝くことを願う、メッセージソングです。とても美しく、しかも壮大な曲です。精一杯心を込めて、歌いました。
最後は、〈ハイスクール・ミュージカル〉より、「みんなスター」を。私たちの大好きな曲を、歌って踊りました!
客席で聴いてくれたお友達、今度はぜひ、いっしょに歌って踊りましょう!
演奏後、インタビューがありました。スポットライトはあたるし、何を質問されるかと、緊張の二人…。
終わってみれば、「たのしかった〜」。いい経験になりました。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト