高屋西地域センター
                           

おとなの遠足

平成23年10月26日に第9回目を開催致しました。
若干風が強めで、肌寒い日でしたが、高屋西地域センターを元気に9:00過ぎに出発しました。
高美が丘の地域を通り抜け、近畿大学付近を通って、高屋町杵原にある「楽市神社」に着きました。石段66段ありました。

 
   

次に、「二百石」を通り、「高屋堀」に参りました。
あいにく雲空で、山並がきれいに撮れませんでした。
当初の予定にはなかったのですが、「仙石庭園」の字を見つけ立ち寄ることになりました。
開園日ではなかったようでしたので、入口のみ見学しました。
天気のいい日にぜひ伺いたいと思いました。
少し遠回りをしましたが、次に高屋堀の「七社神社」に着きました。石段は、74段でした。
次は、広島県史跡の「平賀氏の墓地」に参りました。中世に高屋地域を支配していたといわれる平賀氏の遺跡です。
御薗城跡に向かう途中、「大将軍」の鳥居を見つけました。大変に大きいものでしたが、時の流れのせいか、少し朽ちてきておりました。しかし、車に乗っていたら気づかないものも、歩くから見つけられるものもあり、少し感激いたしました。
「御薗城跡」に行きたかったのですが、ブルーシートが見えたので、遠くから見て、帰路に着きました。高美が丘周辺をぐるりと一周し、なかなかの運動量でした。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト