高屋西地域センター
                           

おとなの遠足

少し間があきまして、第7回目の遠足は、平成23年9月28日(水)の9:00に高屋西地域センターを出発し、稲木、大畠方面へ参りました。
残暑厳しく、休憩をしつつ、約3時間の遠足でした。
 最初は、広島県の重要文化財である廃長楽寺跡の薬師堂に。

 
   

民家のすぐ側を通らせてもらって、山に登り、「門前古墓」の五輪塔にやって参りました。
板碑を見た後、坂を下り、「解剖碑」に参りました。
日陰があり、講師の先生より説明を伺い、少し休憩させていただきました。
稲木の山に向かって上がり、行賢の板碑に着きました。
丁度コスモスが咲いており、なんとも穏やかな気持ちになりました。
稲木から山道を通って大畠に出る途中、予定外の所に出ました。
「天満宮」と書かれておりました。思わぬ道を見つけ、少し嬉しい気分になりました。
大畠の民家の敷地内にある「清観古墓」や「板碑」をご厚意で見学させていただきました。
貴重なひとときでした。
ありがとうございました。
残暑厳しき日でしたが、講師の先生から色々とお話を伺い、大変に勉強になりました。
長年住んでいてもまだまだ知らないことが多いことを実感致しました。

前のページへ戻る
ひがしひろしまし 市民協働のまちづくり 市民活動情報サイト