松下 文雄

令和3年・3月施設に慰問ギター演奏に

コロナで皆さん世の中、大変で自粛の連続、如何にストレスをためないで

健康を維持するのか、難題です。施設入所様も職員の皆さんんも大変な状況の中

頑張って奮闘しています。

施設の入所様に音楽で、気分転換・元気を頂きたいとの依頼で、細心の注意を払いながら

1月に続き慰問演奏を開催します。

今週、令和3年3月5日に訪問予定です。

この時期ですので、訪問先は名前を非公開にさせてください。

前回の1月訪問時も、久しぶりに施設内から笑いが出たり、皆さんの顔の症状が

元気が出たみたいと、大喜びされました。

勿論・ソーシャル・デスタンスにマスク着用・フェース・ガードをしての時に弾き語りの

際は声を出しにくくて、大変でしたが、コロナ予防に全力で対処しての演奏です。

 
   

前のページへ戻る