アースドクターふなばし【S0135】
                           

有意義な夏休みを過ごす為に(宮本小)        【平成30年7月23,24日】

◆宮本小学校で毎年、夏休みに行われている体験授業に、アースドクタふなばし(edf)は今年も参加しました。3年生から6年生までの児童に対して2日間、有意義な夏休み過ごすための様々な環境講座を行いました。
以下にその内容について報告します。

日時:平成30年7月23,24日(月、火)
   9時ー12時
場所:宮本小学校 理科室
参加者:3年生40名 4年生16名
  5年生25名 6年生18名
実施内容
(1日目)
・色々な方法で電気を作ろう(3年)
・キミだけの缶バッジを作り(3年)
・エコの種を見つけよう(4年)
・浮沈子を作ろう(4年)
(2日目)
・ごみってなあに?(5年)
・映画上映「地球との約束」(5年)
・ワットって知ってる?(6年)
・電子ホタル工作(6年)

◆電気の作り方、いくつか知っているかな!

間伐材を使っての缶バッジ作り
エコの種を見つけよう
浮沈子工作で水の大切さを輪読
ごみの分別クイズ、何問正解したかな?
本日のedfスタッフ+市民大学ボランティア

3年生は40名と多く、発電体験ではミニカーが足りなかったのは残念。エコの種では、年間で1番電気を使う家電が分かりました。浮沈子では水の大切さを知りました。ごみ分別がいかに大事であるかを知りました。沢山の宮本小の子ども達が、環境について楽しく学んでくれました。

◆アースドクターふなばし(edf)
は、一緒にやってくれる仲間を
募集しています。◆

前のページへ戻る
ふなばし市民力発見サイト