アースドクターふなばし【S0135】
                           

夏休みエコクラブ(三山小ー2)                【平成28年7月27日】

◆毎年、三山小学校で夏休みに行っている「夏休みエコクラブ」を今年も行いました。3年生から6年生までの児童に対して、アースドクターふなばし(edf)は2日間、様々な体験授業を行い、楽しく学んでもらいました。
以下に2日目の内容について報告します。

日時:平成28年7月27日(金)9時ー12時
場所:三山小学校 理科室
参加者:4年生23名 5年生26名
実施内容
/べ物の旅の体験学習
 ・カードを使って、食べ物の原料から
  廃棄までの行程を学ぶ
空気ロケットの工作
 ・空気の性質を知り、ロケットを作る
エコの種を見つける体験学習
 ・カードを使って、家庭内でエコの種
  を見つけることを学ぶ
ど眥聖匚作
・浮沈子を作り、水の大切さを学ぶ

◆食べ物の旅ではパンについて、その原料調達から廃棄までの長ーいみちのりをカードで示しました。

食べ門の旅のお話し。食べ物には多くのエネルギーが使われていることを学びました。
空気ロケットの工作。みんな
上手に作れました。
空気ロケット飛ばし競争
エコの種見つけよう。家電製品で一番電気を使うのは何?などを学びました。
家電製品のカードを使って、家の中の何処で使われているか配置しました
浮沈子を作った後、水の大切さについて、みんなで輪読しました。
クロワッサンです。前日、見学に来た方が、孫が大変お世話になりました とのお礼で頂きました。
   edfスタッフ一同
今日の講座で宮本小から始まって三山小まで5日連続の出前講座が終了しました。結構大変でしたけど、子供達が喜んでくれたり、お礼を頂いたりで、充実した5日でもありました。

◆アースドクターふなばし(edf)
は、一緒にやってくれる仲間を
募集しています。◆

前のページへ戻る
ふなばし市民力発見サイト