アースドクターふなばし【S0135】
                           

有意義な夏休みを過ごす為に(宮本小ー3)       【平成28年7月25日】

◆宮本小学校で毎年、夏休みに行われている体験授業に、アースドクタふなばし(edf)は今年も参加しました。3年生から6年生までの児童に対して3日間、有意義な夏休み過ごすための様々な環境講座を行いました。
以下に3日目の内容について報告します。

日時:平成28年7月25日(金)9時ー12時
場所:宮本小学校 理科室
参加者:5年生36名 6年生40名
実施内容
_氾点宿覆離錺奪搬定体験学習
・昔と今のエネルギーの違い
・様々な家電製品のワット測定
・自転車発電

空気ロケット工作
・空気の性質の話し
・空気ロケットを作って飛ばす

◆空気ロケットを作るのは、簡単だったかな

ワットって何だろう。今と昔では生活の中で使うエネルギーが大きく違っていることなどを学びました。
扇風機、掃除機、ラジオ、ポット
いろいろな家電のワットを測定しました。
自転車をこいで自分で発電。
何ワット出たかな!
作成した空気ロケットを廊下で
飛ばしました。
 ボランティアの皆さんと
 edfスタッフ一同
3日目も夏ボラとして、高校生と中学生に参加ししてもらい、いろいろ手伝ってもらいました。やること一杯あって少し大変だったかな!

◆アースドクターふなばし(edf)
は、一緒にやってくれる仲間を
募集しています。◆

前のページへ戻る
ふなばし市民力発見サイト