アースドクターふなばし【S0135】
                           

有意義な夏休みを過ごすために                              in 宮本小学校 第2日目

 ◆◇「有意義な夏休みを過ごすために…」の第2日目のプログラムは
/べ物は、どこからどのようにしてくるの?
▲ミだけの缶バッジを作ろう!でした。

日 時:2013年7月23日(火)9:00〜12:00
会 場:船橋市・宮本小学校 理科室
主 催:宮本小学校
参加者:
 1時限:30名(4年生:13名・5年生:17名)
 2時限:26名(4年生:11名・5年生:15名)
edfメンバー:
 西賀,舛田,大西,金尾,寺園,永田,藤井,影山,鈴木の皆様

 ワークショップでは「食材」を日本まで運ぶためには、多くのエネルギーが必要である事を知りました。
 そして体験を通じて、感じた事やCO2排出削減のために私達ができる事は何だろうと話し合いをしました。

 工作では「ふなわりくん」の存在を知り、「船橋市地球温暖化対策地域協議会」の活動も知ることが出来ました。

 学びの多い講座となりました。
また、校長先生や教務主任そして各講座に取り組んでいただいた先生方の協力支援のもと有意義な場となりました。

 ご協力に深謝いたします。。。。。


 
 ◆=◆ ◆=◆ ◆=◆
 《 ワークショップ 》
 食べ物は、どこから
 どのようにしてくるの? 
 4班でのグループワークを
 行ないました。
 
 ◆=◆ ◆=◆ ◆=◆
 《 工作 》キミだけの
 缶バッジを作ろう!   
 マイバッジ&ふなわりくんの
 2種類の缶バッジを作りまし
 た。

前のページへ戻る
ふなばし市民力発見サイト