ホーム > 女性センターからのおしらせ > 「ほっと一息私の時間 素敵な時間の過ごし方 水引で季節を感じ新しい年を迎える準備を」が開催されました。(事業協力スタッフレポート)
件名 「ほっと一息私の時間 素敵な時間の過ごし方 水引で季節を感じ新しい年を迎える準備を」が開催されました。(事業協力スタッフレポート)
内容 「ブーケ21」では、奇数月の第3水曜日の午前中に、育児中の保護者の社会参加や交流を目的として「ほっと一息私の時間」を開催しております。
11月18日に開催された講座を、事業協力スタッフの脇坂文栄さんに取材していただきました。


秋の気配も深まってきた11月18日、「ほっと一息私の時間」が開催されました。今回のテーマは、「素敵な時間の過ごし方〜水引で季節を感じ新しい年を迎える準備を〜」です。

リーダーにmizuhikigirlをお迎えし、水引の基本的な結び方を教わり、お正月にも使える可愛いポチ袋を作るワークショップを行いました。参加者は12名。そのほとんどが小さいお子さんを託児に預けて参加するお母さんたちです。

最初に、先生が作ったサンプルを見せて下さると、口々に「可愛い〜」の声。赤・白・金だけだと思っていた水引に様々な色があることや、千代紙や折り紙のデザインの豊富さに、まずビックリしました。

早速、各自が水引を手にして、先生の教えて下さった「あわじ結び」に挑戦です。「最初に間違えていると大変なので」と、先生が一人一人の作業をステップごとに確認し、皆さんが正しく作っていることがわかってから次のステップに進みます。「あわじ結び」とその応用の「梅結び」をマスターした後は、好みの柄の紙を選んでポチ袋を作り、結びと合わせます。

取材チームも、取材そっちのけでポチ袋作りに参加しますが、なかなかうまくいかず途中で落ちこぼれそう。そんな私たちを尻目に、参加者の皆さんは皆、個性的でセンスの良いポチ袋を仕上げていきます。初めのうちは苦戦していた方も多かったのですが、さすが、飲み込みが早いです! 最後に先生が、皆さんの作品を見て回り、写真に撮ってワークショップは無事終了しました。

帰りがけのエレベーターの中で、お母さんがお子さんに、「待っていてくれてありがとう。おかげで、ママもすごく楽しかったよ」と言っているのを聞いて、私も何だかとてもやさしい気持ちになりました。


今後も様々なテーマで「ほっと一息私の時間」を開催していきます。詳細については「区のおしらせ中央」をご参照ください。
(掲載日:平成28年1月1日号、3月1日号) 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ