ホーム > 活動報告 > 2018年10月、12月の活動報告
2018年後半の活動報告

 
 7月27日(金)第1回「東京国際合唱コンクール」の「交流コンサート」に参加しました。シンガポールと台湾の合唱団と月島社会教育会館のホールでそれぞれ演奏して交流を深めました。とても楽しく、刺激的な体験でした。

 次に8月27日(月)「心のふるさとを歌う会」様が主催された「日独こどもの歌交歓会」にゲスト出演致しました。「心のふるさとを歌う会」様、「カールスルーエ独日合唱団デア・フリューゲル」様のそれぞれの合唱、活動写真等、多彩なプログラムでした。

 そして、10月7日(日)第33回シルバーコーラスフェスティバルに参加致しました。今回で9回目となります。(下記写真)

 曲目は、女声合唱曲集『いつかの木から』より「夏のうみ」と「きこえるかしら」でした。1曲目は元気よく、2曲目は感情をこめて語りかけるように歌うよう努力しました。浜離宮朝日ホールの響きは美しく、そこで歌うことのできる幸せを実感しました。10回目の参加となる来年に向けて、レッスンに励みます。

 最後に恒例の中央区第九の会2018トリトンスクエア公演が12月15日(土)に開催され、有志が参加しました。

 L.v.ベートーヴェン作曲交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」より第4楽章の他にJ.S.バッハ作曲終曲コラール「主よ、人の望みの喜びよ」とヴェルディ作曲「行け我が思いよ、黄金の翼にのって」も演奏いたしました。合唱団員が少し減りましたが、多くのお客様にご来場頂きました。
 

 
   

この情報は、「日本橋女声合唱団」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ