ホーム > 女性センターからのおしらせ > 男女共同参画講演会『「自分らしく」を伸ばす絵本えらび』が開催されました!(事業協力スタッフレポート)
件名 男女共同参画講演会『「自分らしく」を伸ばす絵本えらび』が開催されました!(事業協力スタッフレポート)
内容 2月25日(日)に開催された男女共同参画講演会『「自分らしく」を伸ばす絵本えらび』を、事業協力スタッフの橋谷信代さんに取材していただきました。

【事業協力スタッフレポート】

講演会の前に、バイオリンとピアノ演奏に迎えられ日曜日の朝、気持ちの良い休日のスタート!

講師の東條知美さんは、学校司書の傍ら絵本に関するさまざまな活動をされています。
講演では、名作といわれている本も含め40冊近くの本を会場にお持ちいただき、その本を男女共同参画の視点から8つのカテゴリー( 嵜翰イ靴い姫様と勇敢な王子様」というのは刷り込み?◆崕の子だから○○」「男の子だから○○」3本の中の「お母さん」「お父さん」そ性と職業ァ屬錣燭掘廚辰董自分らしくД肇薀鵐好献Д鵐澄辞┐い蹐い蹐焚搬欧侶繊砲吠けて紹介いただきました。具体的には、絵本が出版された年の社会情勢に切り込み作品の理解や傾向を知ろうというものです。

最後に、「絵本は映像メディアと違い、ページをめくるスピードを変えたり、前のページに戻ることもすぐできるので、立ち止まったり、考える時間を充分に与えてくれるものです。」というお話をいただきました。

講師のユーモア溢れる語り口で、楽しく、あっという間の2時間でした。 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ