ホーム > 活動報告 > 第22回 台所から世界が見える〜カンボジア料理〜
第22回 台所から世界が見える〜カンボジア料理〜

 2017年12月9日(土)、中央区女性海外研修者の会による「食」を通じて身近な国際交流を図る「台所から世界が見える」がブーケ21にて開催されました。
 今回は仕事柄 広くASEAN諸国と関わり、特にカンボジアの歴史や人々について精通している宮内亮太さんから、若者に人気のカジュアルなサンドイッチを教えて頂き、その後カンボジアの歴史や現在についてお話をうかがいました。
 なますを使うサンドイッチ?と心配でしたが想像以上に美味しくて、また高価なカンボジア産の黒胡椒(倉田胡椒)が味を引き立ててくれ、カンボジアコーヒーの芳醇な香りとほんのり甘い味が食後の胃袋を満足させてくれました。
 カンボジアについて熱く語っていただいた内容は深く心に響き、私たちにとっては息子や孫の世代の宮内さんのような若い方ががんばっていらっしゃる事がとても嬉しく、頼もしく感じました。

この情報は、「中央区女性海外研修者の会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ