エコ・ビーイング

隅田川七福神&街並みウォッチング

1月9日(日)、コートを脱いで歩けるほどの穏やかな晴天の日、シティガイドでも活躍しているメンバーの小林さんの案内で、恒例の隅田川七福神巡り&街並みウォッチングを楽しみました。このコースは、江戸時代の文人墨客が遊び心で作った散策コースです。参加者は16名、向島百花園では梅の花が咲きほころび、また名物の「七草粥」をいただき、新春の景色と味を堪能しました。

コース:堀切駅〜‖進校【毘沙門天】〜墨田二丁目バス停=都バス=百花園【福禄寿】〜G鴪た声辧攫老人】〜墨堤通り〜つ耕浸【弁財天】〜ス以〇【布袋尊】〜ΝЩ旭蓮覆澆瓩阿蝓某声辧畋膵饋世鳩暖羶椰澄曄繕田公園(東京スカイツリー)〜浅草寺

★弘福時【布袋尊】の前で記念写真

白鬚神社【寿老人】百花園に集った文人墨客たちが集め始めた七福神。ところが寿老人だけがどうしても見つからない。救いの神となったのは白鬚神社。白い鬚=老人=長寿はめでたいということで寿老人に。しかしここは寺島村(現東向島一帯)の鎮守の大明神だったので「寿老神」だそうです。メデタシ〜メデタシ。
長命寺【弁財天】徳川3代将軍家光が鷹狩りの途中で腹痛を起こし、この寺の井戸水で薬を飲んだところ、たちどころに腹痛が治ったというのが、寺名の由来で、この時の井戸は長命水と呼ばれたそうです。
長命寺の桜餅
緑茶つきで250円なり!
三囲(みめぐり)神社【大国神と恵比須神】江戸時代、越後屋(現在の三越)に祀られていたもので、店の大黒柱だった木材を利用して彫られたものだそうです。境内には「池袋三越」を守っていたライオンさんが余生を送っています。
三囲神社境内からはど迫力のスカイツリーを見ることができます。
様々な壁面緑化を発見!
前のページへ戻る