NPO法人築地居留地研究会

NPO法人築地居留地研究会2017年1月14日(土)特別講演のお知らせ

中央区名誉区民 竹内誠先生による特別講演のご案内                
「中央区は江戸の先進な情報発信地−長崎屋と須原屋―」
江戸の日本橋は商業・金融の中心地でしたが、西洋の情報を入手し発信する拠点だったことは、あまり知られていません。そこでオランダ商館長が将軍謁見のために参府する江戸の定宿・長崎屋源右衛門と、オランダ関係の本を専門に出版していた須原屋市兵衛を素材として、この地域の先進性についてお話しをさせていただきます。

日時:平成29年1月14日(土)14:00〜16:00 
場所:聖路加臨床学術センター3302号室 中央区築地3−6 (聖路   加国際大学筋向い)
講師:竹内 誠(たけうち まこと)  
略歴:東京教育大学大学院修了 江戸文化史・近世都市史専攻     文学博士 徳川林政史研究所主任研究員、信州大学助教授、   東京学芸大学教授、立正大学教授を経て、現在、徳川林政史   研究所所長 江戸東京博物館名誉館長 中央区名誉区民。 
   2016年、第67回NHK放送文化賞を受賞。

主な著書:「寛政改革の研究」(吉川弘文館)・「江戸社会の研       究」(弘文館)・
     「江戸と大坂」(小学館)・「元禄人間模様」(角川       店)・「江戸の盛り場・考」(教育出版)など、その      他多くの著書有り。 
前のページへ戻る