協働ステーション中央

【開催報告】9/15 十思カフェvol.63「盆踊りからつながる地域コミュニティ 盆踊りマップの制作から見えた地域の魅力」

今回のゲストの塩澤正人さんは、中央区に住んで5年。中央区で行われた「地域コミュニティの担い手養成塾」の受講をきっかけに盆踊りマップの活動が始まった経緯と、取り組んでみて感じたことをありのままに話していただきました。
話をある程度した後には、実際に盆踊りの実践♪を行いました。

【開催概要】
http://chuo.genki365.net/news/hp0001/index01420000.html

地域コミュニティの担い手養成塾は、昨年度から、NPO法人CRファクトリーと、地域振興課との協働提案事業により、実施されています。
当日は、講師役で参加した五井渕さんも参加されました。

今年度も開催されます。
http://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/komyunitei/ninaite.html
それぞれが考える「地域とのかかわり方」を意見交換。
今回のテーマもあったので、「私と盆踊り」についても話していただきました。
facebookで「中央区民ニュース」を管理している方も参加。地域活動とメディアの連携にも話は及びました。
https://www.facebook.com/chuo9.tokyo
話が一段落したところで、盆踊りの実践。
参加者に、指南レベルのまちの方がいたので、教えていただきながら踊りました。
この日のために、塩澤さんは中央区の方にお願いして、盆踊りCDを購入。

踊っているうちに、一緒に輪になることでつながる実感を得ることができました。
最後は、みんなで盆踊りポーズ。

半分が初めて盆踊り。盆踊り自体の楽しさも体感できた企画でした。これをきっかけに地域のつながりもできるといいですね。
前のページへ戻る