協働ステーション中央

6/24(金)十思カフェ vol.60 「みんなが笑顔になるきょうだい仲を育む子育てのコツ〜小児病棟の待合室から〜」開催報告

国立がん研究センター中央病院の小児科病棟の待合室で病児とそのきょうだいを預かり、家族全体を支えるNPO 法人「こどものちから」の代表・井上るみ子さんをゲストにお迎えし、赤ちゃん返りや過剰なわがままなど、きょうだいの機微に隠された想い、一人ひとりに寄り添い理解することの大切さ等を伺いました。
後半には大人気の牛乳パックで作る「ビヨヨンヘビ」ワークショップも行い、大人も子供も夢中になって作りました♪

参加者は大人6名、子供1名。和気あいあいで、とてもアットホームな十思カフェでした。

【開催概要】
http://chuo.genki365.net/news/hp0001/index01360000.html

十思カフェ vol.60 「みんなが笑顔になるきょうだい仲を育む子育てのコツ〜小児病棟の待合室から〜」スタート!
まずは、井上さんの活動について詳しくお伺いしました。
きっかけは、自身が経験した子どもとの葛藤や対話でした。
活動を通して、病児やきょうだい、そして家族がどのように変わったか具体例をまじえて伺いました。
「辛いことも沢山あったが、マイナスな事ばかりではない。息子の闘病生活を通して仲間もでき、自分の生死を考える良い機会にもなった」と井上さん。
明るく前向きな姿に、とても勇気付けられました。
自己紹介&参加者のきょうだいあるある話☆
後半は、大人も子供も夢中になって「ビヨヨンヘビ」作り!!!
子育ての話でも盛り上がりました。
心温まるアットホームな会になりました♪
前のページへ戻る