中央区点字友の会◇協働ステーション中央登録団体◇
                               

点字出前講座

区内の小中高等学校、企業等に点字
出前講座に出かけます。

小学校は、4年生が多いです。4年の
国語の教科書に「手と心で読む」と
いう視覚障害者の文章が載って
いるからです。

児童生徒たちとのふれあいは、楽しく
すぐに時間が過ぎてしまいます。

平成28年度の出前講座実績

7月14日:区立晴海中学校

8月1日:ボラネット交流サロン

8月3日:夏休みイナっこ教室

9月27日:城東小学校

9月30日:区立豊海小学校

10月4日:区役所職員研修

11月8日:区立久松小学校

11月10日:区立月島第2小学校

11月24日:区立佃島小学校

3月3日:中央区社会福祉協議会職員研修

3月16-17日:都立晴海総合高等学校


点字がついている品物や、
触ってわかるものを持って
行って、子どもたちに実際に
振れてもらいます。
左のボールには鈴が入って
います。視覚障害者がボールを
扱うスポーツをする時には
音でボールの所在を知ります。
点字の新聞や、各種説明書、
パンフレットなどの点字が
ついているものです。
サッカー競技場の
パンフレットには、触って
わかる会場案内図も載って
います。
点字体験では、名刺に自分の
名前と電話番号を点字で打って
みます。
これは、11月の健康
福祉まつりでもやっています。
出前講座の様子です。
点字は、点字板がないと点字を
打つことが出来ないので、
初めての子どもたちが多く
一生懸命取り組んでくれます。

前のページへ戻る
中央区社会貢献活動情報サイト