NPO法人はな街道◇協働ステーション中央登録団体◇
NPO法人はな街道◇交流サロン登録団体◇
中央通りを季節の花々で彩る中央通りの花壇は季節毎に花の植替や清掃活動(クリーンウォーク)をNPO法人はな街道が行っています。

 「はな街道」は、2002年12月に江戸開府400年を記念し1年間の社会実験としてスタートし、2004年より『中央通り「はな街道」フラワー・サポート・プログラム』として国土交通省東京国道事務所と水奉行(地元沿道の町会員の皆様による花壇の水撒きや、歩道の清掃活動)・花奉行(花壇に季節の花々を咲かせる寄金を提供していただく方)の3者で推進しており、これを町会・商店会・地域活性化団体などが地域をあげて応援しています。

以前はボランティア団体として全ての活動をしておりましたが平成18年4月3日よりNPO法人として認可され、企業のCSR(企業の社会的責任)・SRI(社会的責任投資)へ対する機運の高まりと共に地域の方へもより一層、興味・関心を持って頂けるよう取り組んで参ります。

ボランティアの方々でお揃いの水森亜土さんのイラストの入った帽子を被り《クリーンウォーク》という清掃活動を定期的に行っております。2005年より毎年、年末には《歳末クリーンウォーク》と題しまして毎回120名ものご参加を頂き、日本橋界隈を道行く方へ切り花や苗のプレゼントを差し上げるなどのイベントも行っております。

また、地域との交流をはかるべく、常盤小学校・城東小学校に花植え体験を年間計画に取り入れて頂き児童に季節毎に一部の花壇で花植えをして頂いております。

その他、地域交流の一環として「ハンギングバスケット教室」も企画し、地元企業のOLの方々に多数ご参加頂き、「是非来年もやって欲しい」という声を頂いております。

“国際都市東京のメインストリート”にふさわしい「景観の保全」と「新たな賑わいの創出」を目指しています。どなた様でもご参加頂けますので是非ご協力下さい!