社会教育課

あさひかわオープンカレッジ

旭川ウェルビーイング・コンソーシアム・旭川市教育委員会共催「あさひかわオープンカレッジ」の第1回を平成29年11月18日(土)に旭川市まちなか市民プラザで開催しました。
今年の「あさひかわオープンカレッジ」は「これからの旭川」をテーマに9月から11月の間に6回開催し,旭川市内の5大学1高専の先生方からお話をしていただきました。

第5回
講座:旭川高専の技術による旭川地域との連携を考える〜ものづくりのお手伝い〜
講師:旭川工業高等専門学校 技術長 山内 広也

 
   

 第5回目の講師は,旭川工業高等専門学校 山内広也技術長が務められました。
 講義内容は「旭川高専の技術による旭川地域との連携を考える〜ものづくりのお手伝い〜
」です。
 
 今回の講義では,旭川高専で実際に使っている,高度な技術を備えた最新の工作機械とその機械でどんな物を作れるのか紹介していただきました。
 今までは複数の行程を経て製作する必要があった複雑な製品も,最新の機械では1回の行程で製作できるそうです。
 旭川高専では,企業から依頼を受けてビニールハウスのダクトなどの試作品を製作したり,小学生向けにポンポン船の出前講座なども行っているそうです。
 旭川高専では,今後,工作機械の貸出,装置,部品等の試作品の製作依頼・提供を通じて,地域と連携し,貢献していきたいと考えているそうです。
 旭川高専の工作機械を利用して,何か自分で作ってみたいと思う物があれば,気軽に相談してほしいということでした。オープンキャンパスや高専祭の時には,実習工場なども自由に見学できるそうです。
前のページへ戻る