社会教育課

あさひかわオープンカレッジ

旭川ウェルビーイング・コンソーシアム・旭川市教育委員会共催「あさひかわオープンカレッジ」の第3回を平成29年10月14日(土)に旭川市まちなか市民プラザで開催しました。
今年の「あさひかわオープンカレッジ」は「これからの旭川」をテーマに9月から11月の間に6回開催し,旭川市内の5大学1高専の先生方からお話をしていただきました。

第3回
講座:老後の居場所づくりを考える
講師:旭川大学 教授 安藤 均

 
   

 第3回目の講師は,旭川大学 安藤均教授が務められました。
 講義内容は「老後の居場所づくりを考える」です。
 第1部として「高齢者の取引トラブル」,第2部「老後の居場所づくり」に分けてお話がありました。

 第1部「高齢者の取引トラブル」では,振り込め詐欺,訪問販売,名義貸しなど,高齢者の消費者被害に関する相談について,トラブルを避けるにはどうしたらよいかお話がありました。
 様々な被害事例の紹介があり,旭川で実際に起きた事件もありました。
悪質な業者から消費者を守るために,消費者に有利となるよう法律も改正されているということでした。

第2部「老後の居場所づくり」では,老後,どのようにして健康を維持するか,楽しく生きるか,どこに居場所をみつけるか,講座に参加した皆さんも一緒に考えてみました。
 自分にとって,お年寄りの3K「金」「健康」「孤独」のどれを重視するか考えて,ヾ靄椶麓立すること,⊆りの人へ感謝すること,O靴い討海週瓩瓩蕕譴觴磴気ポイント−新しいことに関心をもち,明るく,仲良く,こつこつ努力することが大切とのことでした。
 
 
前のページへ戻る