社会教育課

あさひかわオープンカレッジ

旭川ウェルビーイング・コンソーシアム・旭川市教育委員会共催「あさひかわオープンカレッジ」が平成27年10月24日(土)に旭川市まちなか市民プラザで開催されました。
今年の「あさひかわオープンカレッジ」は「もっと知りたい旭川供前粟遒里覆蠅燭舛箸海譴ら〜」をテーマに9月から11月の間に6回開催し,旭川市内の5大学1高専の先生方からお話をしていただきます。

 
   

第4回目の講師は,北海道教育大学 渡壁 誠先生が務められました。

今回は,幅広い年齢層の方が受講し,中学生や5歳のお子さんも参加しました。
講義内容は「レゴ・マインドストームNXTを使ってぶつからない車をつくる」です。

レゴ・マインドストームNXTとは,見慣れたレゴブロックとモーターを組み合せ,ロボット等を組み立てる教育版用基本キットのことです。
細かいレゴブロックを組み立ててできたボディに,モーターや距離センサ,光センサを取り付け,パソコンを使ってプログラミングを行います。
移動経路の全てを設計することが可能で,方向転換や回転を自在に組み合わせることができます。
今回の講座の目標であるライントレース及びスマートストップを実践しました。
ライントレースは,紙に描かれた黒い線上を走行する動きで,取り付けられたセンサーで白と黒を判別し,車体の向きを調整するプログラミングです。
スマートストップは,センサーで障害物との距離を測り,障害物にぶつからないようにするプログラミングのことを指し,止まる動作はとてもスムーズで,障害物が無くなると再び前進します。
見慣れた玩具が機械技術と結び付くことで,技術の進歩を身近に感じることができる興味深い講義となりました。

●次回は,「旭川大学教員が考える学生によるコミュニティつくりについて」と題し,
平成27年10月31日(土)
午後1時からフィール旭川7階
シニア大学講座室で開催します。
前のページへ戻る