社会教育課

あさひかわオープンカレッジ

旭川ウェルビーイング・コンソーシアム・旭川市教育委員会共催「あさひかわオープンカレッジ」が平成27年10月10日(土)に旭川市まちなか市民プラザで開催されました。
今年の「あさひかわオープンカレッジ」は「もっと知りたい旭川供前粟遒里覆蠅燭舛箸海譴ら〜」をテーマに9月から11月の間に6回開催し,旭川市内の5大学1高専の先生方からお話をしていただきます。

 
   

第3回目の講師は,旭川工業高等専門学校教授 佐竹 利文先生が務められました。
講義内容は「高専の技術と農業」です。

高専の目的,地域発展のための取組として,農業が主要な産業である旭川に高専が貢献できることを実例を交えて紹介してくださいました。
高専は,高度経済成長の中,工業に関する技術者養成のためにつくられた高等教育機関ですが,どのようなことを行っているのか,意外に認知されていないそうです。
また,技術者の養成はもちろん,様々な設備や人材を使って地域貢献のための取組がされていますが,地域との共同研究はあまりやっていないというお話でした。
その中で取り組んだのが,東旭川ペーパン地区の農家の方との,もみ殻固形燃料の製造でした。
「自分で出したごみは自分で処理をする」という農家の方の思いのもと,高専の技術を活用し,企業とも協力しながら,補助金の獲得に当たりました。
農業と高専の技術が結びつくことで,今後の農業の発展が期待される興味深い講義となりました。
○次回は,「レゴ・マインドストームNXTを使ってぶつからない車をつくる」と題し,
平成27年10月24日(土)
午後1時からフィール旭川7階
シニア大学講座室で開催します。
前のページへ戻る