社会教育課

あさひかわオープンカレッジ

旭川ウェルビーイング・コンソーシアム・旭川市教育委員会共催「あさひかわオープンカレッジ」が平成27年9月12日(土)に旭川市まちなか市民プラザで開催されました。
今年の「あさひかわオープンカレッジ」は「もっと知りたい旭川供前粟遒里覆蠅燭舛箸海譴ら〜」をテーマに9月から11月の間に6回開催し,旭川市内の5大学1高専の先生方からお話をしていただきます。

 
   

第1回目の講師は,旭川大学短期大学部教授 豊島 琴恵先生が務められました。
講義内容は「高齢者の食と健康」についてです。
定員を超える31名の方が受講しました。
年齢が進むことで筋肉や身体機能が低下します。楽しく,おいしく食べ続けていくためにはどうしたらよいのでしょうか。
まずは統計調査の結果などを踏まえて,私たちを取り巻く環境を知ることから講義が始まりました。
次に,「咀嚼と嚥下」について考えるために実食!です。
お米・たくあん・ピーナッツを豊島先生に御用意いただきました。
私たちが無意識に噛んで飲み込むという行為は,多くの筋肉や反射のつながりであることを教えていただきました。
五感を使って食事を楽しむことも大切で,特に視覚は味覚に大きな影響を与えるそうです。
年齢が進んでも,食べ物の形態に合わせた食べ方の工夫や意識をすることで,一生食事を楽しむことができることを教えていただき,大変興味深い講義となりました。

○次回は,「あさひかわをつくる あさひかわでつくる」〜住まいと建築,そして街〜と題し,
平成27年9月26日(土)
午後1時からフィール旭川7階
シニア大学講座室で開催します。
前のページへ戻る