社会教育課

ワンパクはちっこ遊びの万博2013

平成25年11月17日(日)に永山公民館において上川管内社会教育実践研究事業「ワンパクはちっこ遊びの万博2013」が開催されました。

家庭教育をテーマとして,あそび,読み聞かせ,運動,食育といった様々な内容を楽しみながら学びました。

はちっこのオープニングでは北海道教育大学旭川校吹奏楽団のアンサンブルチームの演奏に合わせて参加ボランティア団体の紹介をしました。各町のローカルキャラクターやけん玉名人の実演もありましたよ!
「がっこうの国」では,しりとりの「こくご」や魚釣りゲームをしながら「さんすう」をしたり楽しく勉強しました!
国立大雪青少年交流の家からタイケンジャーも来てくれました!
「あそびの国」では様々な手づくりおもちゃを作りました。
「生涯学習インストラクターまなびあさひかわ」さんはペットボトルのマラカスと輪ゴム鉄砲を作りました!
けん玉名人の庄司先生にけん玉を教えてもらいました。
上手にできるようになったらその場で検定もしてもらいました。
旭川市永山公民館百寿大学の皆さんにはメンコやおはじきなどの昔遊びを教えてもらいました。竹馬やコマ遊びは大人にも子どもにも大人気でした。
愛別町子育て支援センター・幼児センターの皆さんにはからくり絵を使った仕掛け絵本を教えてもらいました。
当麻町子育て支援センターたっちの皆さんにはストロー使った風車を教えてもらいました。手で持って動かすと羽が回る仕掛けです。
オープニングで素敵な演奏をしてくれた教育大学の吹奏楽団の皆さんはエントランスホールなど様々な場所で楽しい音楽を提供してくれました。
高校生のボランティアで結成したはちっこジュニアリーダーズは大人気のアートバルーンを子どもたちにプレゼントしました。
「あそび国」では壁や床をいたずら書きコーナーに変身させました!
お家では怒られてしまうけど今日は思いっきり落書きできます!
「紙飛行機選手権」では生涯学習インストラクターまなびあさひかわの皆さんの指導を受け,作った紙飛行機の飛距離を競いました。
「プラレール広場」ではおもちゃのヨシダさんに提供いただいたプラレールで旭川市と近郊8町の駅を繋ぎました。
「おはなしの国」では動物に関する絵本の展示や永山図書館の協力を得て,読み聞かせ会や自分の誕生日を調べました。
「おはなしの国」では昔ばなしにちなんだぬり絵もしました!
上手にできたら「はちっこマネー」がもらえます。
「はちっこマネー」で絵本が買えます!
絵本は各教育委員会や北海道ブックシェアリングから提供していただきました。
「親塾の国」では,柔道の上野三姉妹の母,上野和香子さんの講演やコオーディネーショントレーニングの体験,上川町のハッピーマーケットさんのハンドメイド体験など大人も楽しめる内容になりました。
お昼には黒豆ごはんときのこ汁の提供がありました。
食材はJA上川中央,JA東神楽,JAたいせつ,JAぴっぷ,JAびえい,JAあさひかわ,JA東旭川から提供していただきました。
愛別町の調理師さん方が腕によりをかけて作ってくれました。
とてもおいしくいただきました!
フィナーレでは,演奏している方の多くが子育て中のママである「マミーズバンド」の皆さんが素敵な演奏を披露してくださいました。
会場では子育てに役立つ様々な情報や各市町の情報も提供しました。
たくさんの御来場ありがとうございました。
前のページへ戻る