ホーム > 活動報告 > 6・7月活動報告+『この世の楽しみ』第16回
アスカ「蛍姐さん、ちゃんとマスクしてますやん」
ゾーンエンジェル「正義の味方としての嗜みよ」
ナレーター「今回も新型コロナウイルスのせいで具体的な活動が何もできず、6月の更新をサボってしまった多賀もちゆきであった」

綾波レイは中川翔子さん、惣流・アスカ・ラングレーは稲垣早希さん、ゾーンエンジェルは北原和美さん、ナレーターは小林清志さんの声をそれぞれ想像しながら読んでいただけると、より一層お楽しみいただけます。
レイ「ソーシャルディスタンス全開!! 師匠、マスク無しでお話される場合は、当分の間、これを挟んでお願いします」
アスカ「えんがちょ扱いやね…」
レイ「今回はこのコロナ禍に於いて、とても役に立つお話です。途中でバカバカしくなって投げ出さないようお願いします」
アスカ「基本的にバカバカしいんやね」
レイ「師匠、大変です!! 〇美屋のフリカケに私たちが付いてます!!」
アスカ「ああ、そやね」
レイ「ナゼそんなに冷静でいられるのです? 丸〇屋フリカケとのコラボキャラといえば『エイトマン』じゃないですか! “面舵一杯、のりたま三杯”ですよ!!」
アスカ「何を興奮してんねん」
レイ「我々は最早エイトマンと同格ということです。BIG3の一角を崩した、ということではないですか。この勢いに乗って〇治・マーブルチョコレートの『鉄腕アトム』と、グ〇コの『鉄人28号』のポジション奪取を目指しましょう!! あ、その際マーブルちゃんの役は私のものです。これは師匠といえども譲れません」
アスカ「自分、今まで一回でもウチになんか譲ってくれたことある?」
レイ「ただ、残念なことにオマケがカードなんです。シールではなくて」
ゾーンエンジェル「レイちゃん、これはオマケがシールよ!!」
レイ「ううっ!! これは…。大分時代が新しいので多賀もちゆきは集めていませんでしたが…。全盛期はいとこが小学生だったので一杯持っていました」
ゾーンエンジェル「しかも一個しか買ってないのに“綾波レイ”にヒット」
レイ「多賀もちゆきの行いが善いからでしょう。流石“神を目指す男”」
アスカ「でも、コロナのせいで神様より先に仏様になってまいそうな生活してるらしいで」
レイ「最後はこれ、ラーメンです。ちゃんと“ニンニクラーメンチャーシュー抜き”ですよ。…あっ、この間師匠には私の分のチャーシューを譲ったはずです!!」
アスカ「自分が食べへんかっただけやん…」
レイ「〇星・チャルメラとのコラボですが、カップ麺に付くなんて、ケンちゃんラーメンの『志村けん』さんと同格と言ってもいいでしょう」
アスカ「ああ、そう…」
レイ「実在の人物で食べ物とのコラボキャラになった人、なんて他にはコンちゃんソーセージの『大村 崑』さんぐらいしか多賀もちゆきは知りません」
ゾーンエンジェル「私たちは“非実在青少年”なんじゃ…」
アスカ「そういえば『キングダム』の付いとるカップ麺は最近見たで」
ナレーター「なぁんてバカな話をしているだけで、多賀もちゆきは(極稀にではあるが)お金がもらえることがある。
 そう、これは“考現学”という文化活動の実践で、なるべく学校で習うようなことから離れている話題の方がいいのだ。
 “自粛疲れ”なんて言っている暇があったら周囲を見回してみよう。将来歴史の教科書に載るようなことが落っこちているかもしれないぞ」
 新型コロナウイルス蔓延の影響で、前回に続き講座も出展イベントも中止・延期続きです。
・毎年出展させていただいている『かつしかボランティアまつり』中止(7月1日付け。“中止しない方がいい意見の例”として私の回答が掲載されていました。ありがとうございます)。
・『あらかわ 文化イベント 企画 応援プロジェクト2020』採用ならず(これは私の実力不足ですな。7月7日付け)。
・6月も『セカンドハーベスト』さんに食材のお世話になりました。ありがとうございます。あ、前回このサイトやその他の報告書類にお名前を『ポストハーベスト』と書いてしまった部分がありました。お詫びして訂正いたします。
・荒川区の施設『にこにこすく〜る』からは依頼が復活しました。9月に造形教室をやる予定。
・同じく荒川区の関係者からは、何と「性教育の冊子の製作指導」をして欲しいとの依頼が!(笑) 「元絵本作家で、科学雑誌の構成・ライターで、生活の為にエッチな雑誌の編集長もやっていた、という経歴を見込んで」と言われました(マジです)。完成を待て!!
この情報は、「大衆芸術開拓組合」により登録されました
情報掲載日:2020/08/08
前の画面へ戻る
▲ページトップ